Search
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
Twitter
New Entries
Recent Comment
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
【さゆり☆ちー】
0




    皆様こんにちは!

    どんどん続いてまいります!
    アダルトメンバー他己紹介企画!



    今回は…(⌒▽⌒)





    14期 林小百合ちゃん(写真左)
    16期 高野千尋ちゃん(写真右)


    こちらのお二人です!(⌒▽⌒)


    実は本公演では毎回かなり絡みの深いこちらのお二人...!
    側で演技をしてきたからこそ語られるお互いの魅力が聞けるのではないでしょうか(⌒▽⌒)



    それでは早速インタビュー☆
    インタビュアーは中西でお送りします☆




    【お互いの普段と舞台のギャップを教えてください!】


    まずは、さゆりちゃんから!



    : ちーは、普段はとても抜けています。

    私も1年目はしっかりした子だなあと思っていたのですが...

    2年目、近くで演技をするようになり、天然?マヌケ?笑な部分をたくさん知りました。

    いちばんびっくりしたのは「1789」伊勢崎公演………


    『出なければならないシーンに出遅れてしまう』っていうのはよくある失敗なのですが、なんとちーは、『出なくてもいい場面に出てしまう』という失態を犯しました(^o^)笑

    これは舞台でもそうかもしれませんが、何だか放っておけない…!そんな子です(笑)


    ▲『出なくてもいい場面に出てしまう』!?どういうこと!?と思われた方も多いはず...(笑)
    ちょっと私からも補足説明させて頂きます...(⌒▽⌒)



    ▲17th「1789」で、さゆりちゃん演じる王妃マリーアントワネットの側近であるポリニャック夫人を演じたちー。



    実は王宮シーンだけでなく、衣装やウィッグを着替え、民衆のシーンにも裏役として登場しておりました!
    そこで起こった珍事件...(笑)


    なんと、伊勢崎公演で、ちーは本来出演せず舞台裏で着替えをしているはずのタイミングで民衆シーンに出てしまっていたのです...!(笑)



    舞台裏では同じ王宮メンバーがちーを探して走り回っていたそうです.....(笑)

    おそらく今後数年みんなの話題のタネだと思います...(⌒▽⌒)



    じゃあそんなちーちゃんにも聞いてみましょう!!



    高野 : さゆりちゃんは普段から研究熱心で、熱血で、自分に厳しく周りにも甘さを許さない!!って感じの人だと勝手に思ってます笑


    でも舞台では、力強い役はもちろん、か弱い役、不思議な役など多種多様な面が見られるので、その役を演じきれてる事がすごいし、普段見られないさゆりちゃんを見る事ができるのでそこにギャップを感じます!!



    ▲お〜!さゆりちゃんへの憧れの気持ちとともに、熱く語ってくれましたね!(⌒▽⌒)


    わたし(中西)もさゆりちゃんの役幅がとってもすごいなぁと感じております...!!純粋な少女の役、情熱的な娘の役、そして今年度は裏役でまさかのアラムニー史上最高齢...........(⌒▽⌒)
    (みなさん!お見逃しなく!)







    【お互いのこの役がすき!こんな役やってほしい!】


    : え〜…選び難いですがあえて1つあげるなら、フラスキータ


    ちーは16th「カルメン」で男勝りなジプシー女のフラスキータを演じました☆


    私がそういう役柄が好きというのも大きいのですが、「男勝りな女の子」っていうのがすごーく上手だったなと思うから!


    何故かというと…これはちーが持つ天性みたいなものだと思うのですが、そういう強さを持ちつつ、たまーーに見せる、ひけらかさない女の色気みたいなのがあるんです。


    これはたぶん、出そう!と思って出るものではなく、内部から滲み出るのだと思うんですよねーーー!
    ちーにしか出せない魅力!

    そこが前面に現れるから好きですっ!


    リシュルやポリニャック、そして来月のショーなどで女性らしい、しなやかな部分も身に着けて、さらに華やかな女役になるんじゃないかなあ!!と思います☆


    個人的には本公演の裏役、イエンテがとても楽しみ。
    新しいちーが見られそうな予感!



    ▲フラスキータ!確かにちーにぴったりでとっても輝いていましたね!
    昨年の1789、そして今年度の屋根バイではとっても女性らしい、しなやかで清らかな女性を演じているちー!新たな魅力を開拓中です(⌒▽⌒)☆



    高野 : 好きな役は1つに絞れないんですが、強いて言えば、 14th「ロミジュリ」のモニカです!!



    神父ロレンスの助手、神と通じる女性モニカを演じました☆


    あの不思議な空気を作り出すさゆりちゃん、、大好きです、、


    すごくモニカという役について詳しく知りたいです!!笑


    ▲さゆりちゃんがアラムニー1年目で演じたモニカをあげてくれました!
    時に神のよう、時に天使のようにも見えたさゆりちゃんモニカ、お好きな方も多いはず!(⌒▽⌒)






    【屋根バイへの意気込みを教えてください!】



    : 家族がいて、婚約者がいて…という、もうすでに関係性が強固に作られているところから始まる分、綿密に演技を作ること



    特に屋根バイでは「生活感」みたいなものがリアルにあった方がいいと思うので、それまでどう過ごしてきて…どんな性格なのか、普段なにを考えているのか……しっかり表現できるようになりたい!


    ツァイテルという役は、女性のハイライトというか…家族と生活をしているところから、恋愛をして、結婚をし、子供を産んで母になり、新たな家庭を築く。



    この一連がすべて描かれる役なので、その変化も見せたい…ということで、可憐さも、しなやかさも、柔らかさも、気高さも、強さも、包容力も、ぜーーーんぶ出来るようになりたい



    あっ、もちろん85歳ツァイテルばあさんも頑張ります!


    ▲今年度、同期のさえちゃん(萩原)とペアを演じるさゆりちゃん!さえちゃん演じる気弱な仕立て屋モーテルとどんな演技を作っていくのかとっても楽しみですね!(⌒▽⌒)




    高野 : 去年1789では、リシュルを演じさせて頂いて、柔らかく包み込むような女性らしさを学んだ一年でした。


    今年は今までで一番若い役なので、女性としての柔らかさはさらにさらに極めつつ、少女らしい動き方やヘセリフの言い回し、そして妹感や娘感を出していけるように頑張って行きたいと思います。


    重くならず軽くなりすぎず、そして、我が道をゆく!!!という意外な面がある役でもあるので、そこを見せて行けるよう頑張りたいです!!




    ▲ちーは今年度、こどもの国ショーでも本公演でも、本好きで可憐な少女を演じます!18期まゆこ(森尻)とのフレッシュなペアに期待大!(⌒▽⌒)




    いかがでしたでしょうか?
    2人の魅力がたっぷりお伝えできていれば幸いです!(⌒▽⌒)




    わたくし(中西)嬉しいことに本公演ではこの2人の母親役を演じさせて頂きます...!可愛い可愛い娘たちに愛情を注いでいきたいと思います(⌒▽⌒)☆




    本公演だけではなく!ショーにも是非足をお運びくださいね!




    【出演情報】
    ◎こどもの国ミニミュージカルショー
    日時:9月10日(日) 13時〜/15時〜(2回公演) 場所:ぐんまこどもの国(多目的ホール)
    ★未就学児のお子様もご覧いただけます!

    ◎けやきウォークショー
    日時:9月16日(土)13時〜/15時〜(2回公演)
    場所:けやきウォーク1階 けやきコート

    ◎安中ショー
    日時:9月17日(日) 12時30分〜(15分程度) 場所:安中市スポーツセンター イベント広場
    ★雨天時中止となります。

    すべて入場無料、チケット不要!
    是非お越しください(*^^*)


    Twitterもよろしくお願いします!



    posted by: ミュージカル劇団アラムニー | - | 07:17 | comments(3) | - |
    高野さんのポリニャック夫人、すごく良かったですねー。
    宮廷社会はきっとこういう人が支えていたんだろうなあ、と思わせる存在感がありました。
    YouTubeでフランス版『1789』を観たところ、歌う人は歌うだけ、踊る人は踊るだけという完璧な分業体制で、一人一人が何役もこなすアラムニー版を見慣れた目からすると、何だかフランス版の方は手抜き仕事みたいな感じがしないでもありませんでした。
    | 鈴木小太郎 | 2017/09/03 10:55 AM |
    >鈴木小太郎さま
    コメントありがとうございます。
    返信遅くなりまして申し訳ありません。

    昨年度【1789】でアルトワを演じておりました伊藤と申します。

    高野のポリニャック夫人は貴婦人らしい気高さとあたたかさがあり、林アントワネットのそばで支える姿が美しかったですね。
    アルトワとポリニャックは「全て賭けて」の曲でしか関わることはできなかったのですが、THE★貴族という雰囲気が印象的でした(^^)

    アラムニー版に見慣れている方だと、ほかの演出は不思議に思われることもあるかもしれませんね!
    私も「そこで一緒に踊ったほうがいいのにー!」と思ってしまうことがあります。笑


    現在アラムニーは今週末の「美女と野獣」
    来週末のけやきウォークショー、安中ショー
    そして10月11月のワークショップに向けて歌にダンスに演技に大忙しでございます!

    「あれ、なんか今年は手抜きじゃない…?」なんて思われてしまわないようにさらに精進してまいりますので、お時間ございましたら是非足をお運びくださいね♪

    今後ともミュージカル劇団アラムニーをよろしくお願いいたします!!
    | なな | 2017/09/07 6:06 PM |
    伊藤さん
    お返事、ありがとうございます。
    アルトワと秘密警察の掛け合い、とても楽しかったです。
    藤岡公演二日目でダントン(ロワゼル)田中さんが休場されたことはアラムニー史上でもめったにない大事件(?)だったと思いますが、秘密警察三人組が揃った伊勢崎公演は特別に、最高に楽しかったです。
    明日の「美女と野獣」、必ず伺います。
    | 鈴木小太郎 | 2017/09/09 10:45 AM |